ときタマ日記 2017年01月04日(水)



初 詣


 2日に総社神社に初詣に行ったら神社の駐車場も、臨時駐車場になっている近くの学校の校庭も一杯で、狭い道で空くのを待っている訳にもいかず、あきらめて波志江沼に散歩に行ってしまった。4日は流石に初詣の人達も少なく、臨時駐車場もガラガラ。2008年の1月2日に初めて総社神社に初詣でに来た時の写真を見ると、大体今日と同じような雰囲気である。その後年々初詣客が増えて今では正月2日には満員御礼で入れない程にまでになった。何故今どき毎年初詣客が増えるのか何とも分からないが、臨時駐車場の設置などで車で便利に参拝できることが周知されてきた結果かもしれない。以前の駐車場は写真の参道を車で入って赤い灯篭の間を右に曲がった神社の庭しかなかった。今は裏に立派な駐車場も出来ている。


総社神社


 2008年に初めて総社神社に初詣来た理由は、ここにワカケホンセイインコが住みついているのを前から知っていたからである。東京では1000羽単位で繁殖しているらしい。ここのインコはどうなるのだろう。増えるのか絶えるのか興味があった。その後毎年初詣の時いれば写真を撮っている。今のところそれ程増えもせず減りもせず、何とか上州の厳しい冬を乗り切っているようである。近くに他に繁殖地が増えた話も聞かない。しかしここの数本のケヤキの大木ももう相当な老木である。何時まで安住の地たりえるのか、まあ心配してもしょうがないね。絶えたところで誰にも同情もされないよそ者である。


 ワカケホンセイインコ




 



トップページへ 前へ リストへ 次へ




           
inserted by FC2 system