ときタマ日記 08年03月03日



タヌキの雛祭り



館林・茂林寺


 早雛祭りである。雛祭りは上の孫の誕生日だ。館林に上の孫の誕生祝を兼ねて、1月に生まれた下の孫に会いに行く。赤ん坊は丸々太って元気に成長していた。一目で男の子と分るいい面構えだ。2ヶ月で体重は倍になったという。ジジババの二ヶ月はあっという間に無為に過ぎるが、赤ん坊の二ヶ月は驚異的だ。もうこちらをじっと見つめてニコッと笑うし、写真を撮ろうと携帯を向けると怪訝そうに携帯を見る。”分ってるんだよ、凄いなぁ。”
 ジジババもパパママも赤ちゃんに取られてちょっと辛い上の孫を連れて、茂林寺のタヌキの雛祭りを見に行く。門前に並ぶ妖怪っぽい焼き物のタヌキ達も、今日ばかりは雛人形に見立てられ、赤い着物を着せられてなんとも凄いことになっている。門の横の大ダヌキの前では腹鼓ならぬ子供達の叩く太鼓の音が響いていた。いつの間にか巨大な新駐車場も出来て、ぶんぶく茶釜の茂林寺は繁盛しているようだった。


雛人形? 祭りだ!ノメやウタエ



トップページへ 前へ リストへ 次へ


inserted by FC2 system